HOME > サービス紹介 > ファイル共有サービスとは?

ファイル共有サービスとは?

ファイル共有サービスとは、インターネット上のサーバ内に文書や画像などのファイルを保存しておくことによって、インターネットの接続環境があればどこからでもデータにアクセスでき、また、他のユーザーともデータを共有することができるサービスのことです。

WordやExcelなどのドキュメントファイルの保存から、大容量の動画ファイルまで、他のユーザーと共有できるだけでなくバックアップデータとして活用することも可能です。
自宅・職場・外出先などインターネット接続できる環境があれば必要なときに必要なデータを取り出すことが可能です。

ファイル共有サービスの種類

ファイル送信型サービス

ファイル送信型のファイル共有サービスとは、宅ファイル便などに代表される大容量ファイル送信を主としたファイル共有サービスです。
メール添付による送信不可能なデータをサービスサイトにアップロード。
専用のダウンロードURLをメールで送信、送られたURLによりファイルをダウンロードして受け取るサービです。
大容量データ送信を行うことを目的としたサービスで、データの一時的預りを行うファイル共有サービスです。

ストレージ型サービス

ストレージ型のファイル共有サービスは、クラウド上に自由に使えるストレージを提供。そのストレージ内に他のユーザー同士で共有していくサービスです。
ストレージ内に共有フォルダを作成し、共有フォルダ単位で利用出来るユーザーの設定が可能です。
社内だけではなく、外部の協力会社など複数人数でプロジェクトを進めていく上で非常に効率的なツールと言えます。
特に「働き方改革」を推進する上で、必須とも言えるテレワークにおいてファイル共有の仕組みは必要不可欠です。
ストレージ型のファイル共有サービスは、オンプレミスでかかる機材、保守、人材などの費用を大幅に削減してくれるサービスと言えます。

クラウドとは?

ストレージ型のファイル共有サービスの多くは、大半がクラウドにより提供されています。

クラウドとは、簡単に説明するとユーザーがサーバなどのハードウェアやソフトウェア持つことなく、インターネットを通じて利用できるサービスの事です。
クラウドは複数の種類があり販促倉庫は、SaaS(Software as a Service)と呼ばれるソフトウェアを提供するクラウドサービスになります。
多くのSaaSは、サーバー(インフラ)を提供するクラウド IaaS (Infrastructure as a Service)を利用して提供されています。
IaaSは、1つのハードウェアで複数のサーバを構築したり、複数のハードウェアを一つのハードウェアとして認識させることなどが可能な仮想化技術を用いることにより、利用者が必要な分のハードウェアリソース(CPU/メモリ/ストレージ)やネットワーク機能を提供するサービスです。
IaaSサービス事業者がハードウェアの保守メンテナンス運用を行うため、高額な機器類の購入、保守が必要ありません。
必要に応じてスケールアップが可能なため将来を予測し機器の選定、購入が必要が無いため無駄なくなります。
仮想サーバーは、高い独立性を確保しているので独立したハードウェアのサーバと変わらず堅牢でセキュアな環境での運用が可能です。

販促倉庫は、お客様専用環境でサービスを提供いたします

多くのファイル共有系SaaSは、複数の利用者が同じ仮想サーバでサービス利用しています。
ファイルを保存するストレージに関しても同様です。

販促倉庫では、お客様専用の仮想サーバ・ストレージをご用意しております。
これにより、一般的なファイル共有サービスに比べ、堅牢でセキュアな環境をご提供しています。
さらに外部へのデータ流出を防ぐために、保存したファイルデータ、データベースは暗号化ディスク上に保存を行っておりますので安心してご利用頂けます。